2017年07月15日

【社交ダンス練習】動画で見て練習できます。上達には映像でコツを

これから社交ダンスをやってみたいと思っている人には見当もつかないかもしれませんが、
すでに始めている人なら既にこの壁にぶつかっているかもしれませんね。

そして、この壁をきちんと解消してからでないとどんなに時間を掛けてステップを覚えたとしても、すべてが水の泡になってしまいます。
20170715_syakodansu.jpg

社交ダンスのリズム練習法 -誰でも簡単に楽しく踊れる基礎リズム編-

その社交ダンスを始めた初期に必ず身につけないといけないものとは一体何なのか?

それはリズムです。

もしかして、まだダンスを始めていない人は「そんなの当たり前でしょ」と思ったかもしれません。

ですが、すでに社交ダンスを少しでもやっている人にとっては「たしかに」と頷きたくなる一番の悩みどころなのではないでしょうか?

ステップがうまく覚えられないというのは時間さえ掛ければどんなに物覚えが悪い人でも覚えることはできます。

ですが、リズムに関しては、それこそ半年以上やっていてもできない人はいつまでもできません。

だからこそ、これから始める人、そして始めて間もない人には、この部分を重点的に体に覚えさせてもらいたいのです。

なにも難しい練習や、何時間も練習をする必要はありません。

社交ダンスのステップというのは一見複雑ですが、練習をしていれば自然に覚えていってしまうものです。しかし、リズムだけはきちんとした指導を受けないことにはいつまで経っても改善されることはありません。

先ほど私のところにきたダンス講師に「あなたのレッスンて、どこから始めてるの?」と聞きたくなってしまうと言いましたね。

実は、私のところに指導法の相談でやってくるうちの7割の人が、このリズムをきちんと身につけさせることにレッスンの時間をほとんど割いていないことに逆に私がビックリしてしまいました。

「社交ダンス」の上達には
一番大切なことなのに・・・。

たとえば、「ルンバ」というダンスがありますが、これなどは「イチ、ニ、サン、シ」というカウントをする中で、普通の曲が「イチ」から踊り始めるのに対して、この「ルンバ」の場合は「ニ」から踊り始めます。

カラオケのデュエットを想像すると分かりやすいですが、本来「ニ」から歌い始めるところを「イチ」から入ったら、一緒に歌う相手は困ってしまいますよね?

そして、一人で歌っているなら自分のタイミングで一呼吸おいて元のリズムに戻すことができます。

ですが、二人で歌っていたら、戻すタイミングが合わなくて、なかなか合わせることは難しいですよね?

そしてさらに、二人の共同作業であるダンスの場合は修正できずに、そのまま曲の最後までズレっぱなしで終わってしまうこともよくあります。

カラオケとダンスの違いというのは音楽を聴きながら、声を出すか体を動かすかの違いだけなので、リズムが取れない人は結局、ダンスでもズレてしまうのです。

想像してもらえば分かると思いますが、途中で半歩ステップを踏み直してズラす、などということは非常に難しく、なかなかできることではありません。


ただ、恐ろしいことにリズムが取れない人というのは案外いっぱいいるのです。

「1 ・ 2 ・ 1 ・ 2 ・ 1 ・ 2・・・・・・・」というリズムのはずが、
「1・2・1・2・1・2・1・2・1・2・・・・・・」というように早くなってしまう人がとっても大勢います。

技術的なことはこの後にお話しするとして、アマチュア競技会でのルンバなどは1回15組で踊るうち7組はズレていますからね。

つまり参加者の半分はズレているということです。

ですから、このリズム取りがうまくいくだけで、それだけでアマチュアの上位50%に入れてしまうということになりますよね。


「でも、それほど難しいなら本当に私にもできるようになるでしょうか?」

あなたがそう思ってしまうのも無理はありません。

ですが、安心してください。
私の指導では、まったくダンスのことを知らない
素人の方でもリズムをとりながら踊れるように
なるための指導法をしっかりと確立しています。

これは先ほど、講師資格を持った人に教える際に「この部分は、私が教えたことをそのまま暗記して、そのまましゃべりなさい」と言えるほど自信のある指導法であり、これを学んだ講師の方からも「とても分かりやすい」と好評な教え方です。

ですから、たとえあなたがまったくダンスをやったことがなくても、逆にすでにダンスをやっていてリズム感が悪いと自覚している人でも、この指導法なら早ければ1週間もすれば、アマチュアの上位50%に入ることができるようになるでしょう。

社交ダンスのリズム練習法 -誰でも簡単に楽しく踊れる基礎リズム編- 【SC0001】

動画で見て社交ダンスの練習をしてください。
練習方法のコツも映像で


そして、私が講師に教える際に、「この部分は、私が教えたことをそのまま暗記して、そのまましゃべりなさい」と指導している指導法を撮影してDVDに収録をしました。

このDVDの内容は本当にまったくやったことがない人でも、1日たった10分間見るだけで、どんなに名門なダンススクールに行っても恥ずかしくないレベルのダンスができるようになります。

つまり、まだ恥ずかしくてダンス教室に足を踏み入れることができないあなたでも、まずは自宅でこのDVDを見て、社交ダンスのイロハを誰にも見られずに身につける事ができるというわけです。

実際に、社交ダンスに興味はあっても、「恥ずかしい」「自分に自信がない」「教室の雰囲気に溶け込めるだろうか?」などを心配して、なかなかやり始められない人がとても多くいます。

私の生徒さんなんかは、興味を持ってからやり始めるまでに1年掛かった上に、教室の前を3往復してやっと入った、なんて人もいるくらいです。

ですが、このDVDなら届いたその日から踊ることができて、まずは自宅で練習することができるから他人に気兼ねなく、自分が自信を持てるようになるまで、しっかりと私のプライベートレッスンを受けることができます。

踊れるようになってしまえば、教室に溶け込むのも早いでしょうし、このDVDを見たら、逆に早くサークルや教室に行きたくてウズウズしてしまうかもしれません。

社交ダンスのリズム練習法 -誰でも簡単に楽しく踊れる基礎リズム編-

このDVD動画には私が教室で指導している、まったく経験がない人に一番最初に教える方法がそのまま収録されています。

初めてやる人でも1日10分を1ヶ月間見ることで、どこのサークルや教室に行っても恥ずかしくないリズムとダンスステップを身につけることができます。

また、たとえば数ヶ月やってもうまく踊れない、リズムが人と違ってズレてしまう、という人も同様の内容を見ることで、今までの練習ですっ飛ばしてしまっていた「リズムをとるための基礎の基礎」を簡単に身につけることができ、今までの遅れを1週間もあれば取り戻すことができるでしょう。
posted by 社交ダンス at 04:35| 動画で社交ダンス練習 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする